VIO脱毛って痛い?恥ずかしい?経験者が語るVIO脱毛のリアル

vio脱毛
脱毛サロンのホームページを見ると、必ず目にする「VIO脱毛」の文字。

よく調べてみるとデリケートゾーンの脱毛とわかり、驚いた方もいらっしゃるでしょう。

他人からめったに見られることがないデリケートゾーンの脱毛は、本当に必要なのかと疑ってしまいますよね。

ここでは、VIO脱毛のメリットとVIO脱毛の痛みの感じ方、恥ずかしさを克服する方法についてご紹介します。

そもそも必要?VIO脱毛にはこんなメリットが!

「VIO脱毛」というアルファベット表記ではじめはよくわからなかった方もいらっしゃると思うので、わかりやすく部位をご紹介します。

vio

  • V=「V」の部分は女性のデリケートゾーンを正面から見た時の毛の形を「V」と表現しています。
  • I=「I」は尿道や膣など、女性が仰向けになった状態でデリケートゾーンを足元から見た時に見えるラインです。
    サロンでは、仰向けになって左右どちらかの足を軽く開きながら施術を受けます。
  • O=「O」は肛門まわりの毛です。

うつ伏せになり少し腰を持ち上げながら施術を受けます。

脱毛の目的は、腕や脚など肌を露出する箇所のムダ毛の処理を楽にすることであって、他人に見られることが滅多にないデリケートゾーンの脱毛が本当に必要なのかと疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。

しかし、VIO脱毛にはメリットがたくさんあります。

VIO脱毛のメリット

メリット1.衛生的である

デリケートゾーンを脱毛すると、においがこもりません。
下着をつけていても通気性が良くなったのを実感できます。

生理時にもにおいがこもらず、経血がスムーズに流れ出るので湿気がこもらず、とても衛生的です。
固まった経血が毛に絡まることもありませんので、生理時のストレス軽減にもつながります。

メリット2.やっぱり見た目がきれい!

デリケートゾーンは、自分でじっくり見ることも、他人からじっくり見られることもあまり多くないので、そもそもVIO脱毛をする必要性を感じないという方もいらっしゃるでしょう。

ただ、人から見られる腕や脚のムダ毛は、処理しなければ見た目があまりきれいではありませんよね。
それと同様に、デリケートゾーンもムダ毛がない方がやはり見た目がきれいなのです。

とくに、銭湯や温泉など、他の女性に見られる場面では気をつけておきたいところです。
Vラインをきれいに処理している人を見ると、普段は見えないところまでケアを怠らず、美意識が高いと感じます。

そして処理している人と処理していない人の見た目の差は歴然です。
きちんと脱毛している人は形がきれいに整えられています。

メリット3.水着を着用していてもムダ毛がはみ出ない

夏になると海やプールなどのレジャーで、腕や脚以外にも、普段露出する機会のない箇所を露出する機会が増えます。

デリケートゾーンからムダ毛がはみ出ていたらやっぱり恥ずかしいですよね。
水着を着る前に処理してもうまくできなくて結局はみ出てしまったという経験はありませんか?

脱毛サロンで施術は、確実に処理をしてくれるので、はみ出てしまう心配もありません。
ふとした動きではみ出てしまうのではないかと不安にならずに思いっきりレジャーを楽しめます。

メリット4.Vラインの形を自由に決められるサロンもある

サロンによっては、Vラインをどのような形で毛を残していくか、自分で決めていいところもあります。
また、逆三角形型、楕円形型、台形型、あるいはすべて脱毛してほしいというリクエストもOKというサロンもあります。

Vラインを脱毛する際には、どのような形がきれいに見えるか研究してみてもいいですね。

他の部位より痛いって本当?個人差が大きい

脱毛の痛みは、毛の太さによって異なります。
とくにワキやVIOは他の部位より毛が太いため、痛いという話をよく聞きます。

インターネットでも「VIOは痛かった」という口コミをたくさん読んでいましたし、「毛が太い部位は痛い」というのは合理的にも考えても納得のいくものだったので、私も施術前は相当な痛みを覚悟していました。
ところが、サロンのスタッフから「VIOはそこまで痛くないんじゃないか」と聞いて驚きました。

毛の太い箇所にもかかわらず、そこまで痛くないというのはどうしてなのでしょうか。
半信半疑で施術を受けてみると、VIO脱毛のVの部分は確かに痛みが大きかったのですが、IラインとOラインの部分はそれほど痛みを感じませんでした。

Iライン、Oラインよりも足首や足の甲、足の指の方が痛いと感じたほどです。

実際にVIO脱毛を受けてみ、他の部位より痛いと感じるかどうかは個人差があり一概には言えないと思いました。

それに、VIOは腕や脚と比べても面積が狭く、その分照射回数(時間)はかなり少ないです。
あっという間に終わるので、多少の強い痛みがあってもこれなら我慢できると思いました。
IラインとOラインの施術がそれほど痛くなかったのは、この照射回数の少なさも関係しているのかもしれません。

サロンのスタッフから聞いた話によると「VIO脱毛は痛いから施術を諦めた」という方もいらっしゃるそうです。

ただ、全身脱毛として契約している場合、VIO脱毛の費用も支払っているし、わずか数分程度の施術できれいに処理してもらえることを考えると、やはり痛みを理由に接術を諦めるのはもったいないなと感じます。

「案ずるより産むが容易し」です。
「VIO脱毛=痛い」という口コミや先入観にとらわれず、どの程度の痛みなのか、まずは自分の身をもって体験してみることをオススメします。

恥ずかしくて勇気が出ない人へのアドバイス

VIO脱毛といえば、「とにかく恥ずかしい」というイメージはありませんか?

見ず知らずの脱毛サロンのスタッフに足を開いて施術をしてもらうのが恥ずかしくて、施術をする勇気がないという方もいらっしゃるかもしれません。

恥ずかしがるお客さんが多い中で、スタッフの方はデリケートゾーンを見ることに恥ずかしさはあるのかどうか、サロンのスタッフの複数の方にお話を伺ってみました。
その結果、スタッフの方全員「(客のデリケートゾーンを見ることに対して)何も考えずに施術しています」という回答でした。

というのも、彼女たちは仕事で毎日脱毛をしています。
VIO脱毛も日常の仕事の一部なので、腕や脚、顔などを施術するときと同じ要領でVIOも施術を行っています。

客のデリケートゾーンは毎日のように見ていて慣れていますし、あくまで「脱毛する箇所」という目線でしか見ていないというのです。
サロンのスタッフは、VIOラインも他の部位と同じように淡々と施術をしてくれます。

施術を受ける客としては、はじめは誰でも恥ずかしいものですが、この恥ずかしさも回数を重ねていけば薄れていきますよ。

「恥ずかしいと思わないこと」「他の部位の施術を受けている時と同じように落ち着くこと」が恥ずかしくならないコツです。

わからないことや不安なことがあればカウンセリングで解決

VIO脱毛の話は、友人と気軽に話せるものではなく、実体がわからなくて恐怖感がぬぐえないかもしれません。
そのようなときは、脱毛サロンに行ってカウンセリングで話を聞くのが一番です。

カウンセリングを担当するのは普段から施術を行っているスタッフで、わからないことがあれば何でも相談に乗ってくれますよ。
VIO脱毛に対する不安や実際に施術を受けた時の感想も気軽に聞けて、恐怖感が和らぐかもしれません。

ほとんどのサロンで、強引な勧誘はしていませんから、その場で契約する必要は一切ありません。
気軽に話を聞きに行く気持ちでカウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか。

気になるサロンを探してまずはカウンセリング予約を入れてみましょう。

おすすめ脱毛サロン

KIREIMO(キレイモ)

通常
キレイモでは、最新の脱毛マシーンを利用しているので、痛みを感じずに脱毛ができます。

もっとも予約が取りやすい脱毛サロンなので、自分の予定に合わせて予約が取れます。

他のサロンからの乗り換え満足度92%!

ミュゼプラチナム

半額
ミュゼプラチナムの脱毛は、ジェルの上から光を当てるので、痛みが少なく肌に優しい脱毛です。

ミュゼは店舗数も多く通いやすく通いやすい脱毛サロンです。

さらに自由に店舗の移動が可能なので、引越しや転勤で住む場所が変わったりしても続けて利用できます。

店舗数・売上6年連続1位!顧客満足度4年連続1位!

SASALA(ササラ)

SASALAでは、ISハイブリッド脱毛を導入しているから1回の施術がたったの60分で完了します。

さらに、今までの全身脱毛では2~3年かかっていたものを最短6ヶ月で完了!

今なら5部位から選べる無料体験脱毛、初月0円キャンペーン実施中!