夏に日焼けしてしまったけど脱毛はできるの?

夏に日焼けしてしまったけど脱毛はできるの?

脱毛に通っている最中は、しっかり日焼け対策をするようにスタッフから注意されますが、ちょっとした油断で日焼けしてしまうこともありますよね。

そんな時でも、いつも通り脱毛を続けることはできるのでしょうか?

そんな疑問を解消するために、この記事では日焼けしている時に脱毛をするリスクや、日焼けOKなクリニックについてお話します。

脱毛はしたいけど、毎年日焼けしてしまう・・という人は、ぜひチェックしてくださいね!

日焼けしてしまうと基本的には脱毛はできません!

脱毛と日焼けの関係

結論から言うと、ほとんどの脱毛サロンやクリニックでは日焼けしていると照射をしてくれません。

多少焼けたかな?という程度なら大丈夫なことが多いですが、スタッフが見て明らかに焼けていると判断した場合は、しばらく脱毛を断られてしまいます。

というのも、光脱毛やレーザー脱毛は黒いメラニン色素に反応するマシンを使用するので、肌が黒く日焼けしていると、毛だけでなく肌にも光やレーザーが反応してしまうのです。

そうなると、さまざまなトラブルが起きやすくなるので、サロンやクリニック側でも断らざるをえません。

しっかり日焼け対策をするのは、安全に脱毛をするためには大切だということですね。

日焼けしている時に脱毛すると起こるトラブルとは?

日焼け肌で脱毛すると起きるトラブルとは?

では具体的に、日焼けした状態で脱毛をするとどんなトラブルが起こるのでしょうか?

火傷のリスクが高くなる

光脱毛やレーザー脱毛に使用するマシンは黒いメラニン色素に反応するとお話しましたが、メラニン色素に吸収された光やレーザーは強い熱を発し、毛根にダメージを与える仕組みとなっています。

医療脱毛とエステ脱毛の違い医療脱毛とエステ脱毛はどう違う?脱毛するならどちらがいいの?

そのため、毛根だけでなく肌にも光やレーザーが反応することで、火傷をするリスクが高くなるのです。

とくに、レーザー脱毛はマシンのパワーが強いので、火傷のトラブルには十分注意する必要があります。

痛みが強くなる

火傷をするほど強い熱を肌に受けるわけですから、当然照射する時の痛みも強くなります。

さらに、日焼けした後の肌は水分量が低下しデリケートになっているので、脱毛後の赤みやヒリヒリなどの肌トラブルのリスクも大きくなります。

脱毛効果が落ちる

痛みやトラブルだけでなく、脱毛効果が思うように出ないというデメリットもあります。

光やレーザーが肌のメラニン色素に分散することで、毛根にダイレクトに熱を与えられないため、効果が薄れてしまうことがあるのです。

せっかくの時間とお金をムダにしないためにも、日焼け対策は念入りにしましょう。

日焼けしていない箇所はもちろん可能です

一部分だけ日焼けしてしまった時は、そこだけを避けて照射してもらうことはもちろん可能です。

たとえば、全身脱毛を契約していて腕だけを日焼けしてしまった場合、腕以外を脱毛することはできるのでスタッフに相談してみましょう。

日焼け後はいつから脱毛ができるの?

日焼け後に脱毛を再開するタイミングはクリニックにもよりますが、肌が明らかに黒くなるほど日焼けした場合は、目安として2〜3ヶ月間は中断することが多いようです。

そのあいだは日焼け対策を念入りにして、肌の色をもとに戻すことに専念しましょう。

どうしてもすぐに脱毛がしたい場合は、日焼け対応のクリニックへ

もともと日焼けしやすい人や、仕事柄どうしても日焼けしてしまう人などは、日焼けOKのクリニックを選ぶという手もあります。

ここからは、日焼けしていても脱毛を続けられるクリニックとその脱毛方法についてご紹介します。

レジーナクリニック

月々6,300円バナー

レジーナクリニックは、2017年にオープンしたばかりの新しいクリニックです。

全身脱毛の料金がリーズナブルで、さらに最短8ヶ月で完了するというスピード脱毛ができることから、忙しい女性達にも指示されています。

店舗情報
銀座5丁目院、渋谷院、表参道院、新宿院、池袋院、上野院、横浜院、町田院、心斎橋院、大阪梅田院、大阪梅田東院、名古屋院、福岡博多天神院、札幌院

レジーナクリニックで使用しているマシン

レジーナクリニックは「ジェントルレーズプロ」と「ソプラノアイス・プラチナム」という2種類のマシンを使い分けていますが、ソプラノアイス・プラチナムに関しては日焼け肌にも対応しています。

ソプラノアイス・プラチナムは蓄熱式のレーザーで、メラニン色素に反応するレーザーとは脱毛方法が根本的に違います。

蓄熱式について簡単に説明すると、「バルジ領域」と呼ばれる毛の成長を促進する組織にじわじわと熱を与えることで、おだかやに脱毛する仕組みとなっています。

ソプラノアイス・プラチナムのメリット
  • 日焼け肌にも対応
  • 痛みが少ない
  • 産毛にも効果あり
  • 肌へのダメージが少ない

日焼け肌だけでなく、色素沈着している部分にも照射できます。

レーザー特有の、バチッとした輪ゴムをはじくような痛みが無いため、他のマシンでは痛くて続けられなかったという人にもおすすめです。

GLOWクリニック

GLOWクリニック

GLOWクリニックは、女性の美しさを追求するトータルビューティークリニックです。

医療脱毛だけでなく、美肌治療やアンチエイジングなど幅広いメニューが用意されているので、お肌のことを相談しながら脱毛を進めることができます。

店舗情報
渋谷院、新宿院、大阪院、名古屋院

GLOWクリニックで使用しているマシン

GLOWクリニックでは、デピライトという最新の蓄熱式のマシンを使用しています。

デピライトの仕組みはレジーナクリニックのソプラノアイス・プラチナムと同じで、バルジ領域に少しずつ熱を与えることでおだやかに脱毛していきます。

こちらもメラニン色素に関係が無いので、日焼け肌でも脱毛可能です。

デピライトのメリット
  • 日焼け肌にも対応
  • 痛みが少ない
  • 産毛にも効果あり
  • 肌へのダメージが少ない
  • コストがかからない

デピライトは、蓄熱式のマシンの中では比較的リーズナブルに導入できるため、余計なコストがかからず脱毛料金がおさえられるというメリットがあります。

ただし、まだ導入しているクリニックは少ないようです。

フェミークリニック

フェミークリニック

フェミークリニックは、美容皮膚科専門のドクターが在中するクリニックです。

開院から17年の歴史があり、脱毛だけでなくニキビ治療やシミ治療の実績も数万件あるので、信頼できる医師のもとで脱毛を進めたい人に最適なクリニックです。

店舗情報
渋谷院、新宿院、池袋院、銀座院、梅田院、心斎橋院

フェミークリニックで使用しているマシン

フェミークリニックでは、患者一人ひとりの肌質や毛質に対応するため、「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ロングパルスYAGレーザー」「G-max」「ベクタス」
という5種類のマシンを用意しています。

このなかでも、ロングパルスYAGレーザーは波長が長いため、肌表面のダメージが少ないことが特徴です。
メラニン色素への反応も他のレーザーと比べると少なく、日焼け肌にも対応しています。

ロングパルスYAGレーザーのメリット
  • 日焼け肌にも対応
  • 赤ら顔やニキビ跡の治療もできる
  • ひきしめ効果がある

ロングパルスYAGレーザーは美肌治療にも使われるレーザーなので、肌の赤みを薄くしたり、毛穴をひきしめる効果などがあります。
脱毛と同時に美肌も叶えたい人におすすめです。

ただし、日焼けがひどい場合は落ち着いた頃に!

ご紹介したクリニックがいくら日焼けOKと言っても、ひどい日焼けで皮が剥けていたり、炎症を起こしているような状態では脱毛できません。

もしひどい日焼けをしてしまったら、落ち着くまで脱毛は中止するほうが安全です。
クリニックなら在中の医師がいるので、診察を受けてみるのもいいでしょう。

まとめ

ほとんどのクリニックやサロンでは、明らかに日焼けをしていると脱毛を断られてしまいます。
無理に照射をすると、火傷などのトラブルが起きたり、効果を感じないこともあるので、日焼け対策はしっかりしましょう。

どうしても日焼けを避けられない場合は、この記事でご紹介したクリニックなら日焼け肌でもOKなマシンが用意されています。

どの程度の日焼けなら照射できるかは、それぞれのクリニックで相談してみるといいでしょう。