脱毛サロンでよくあるトラブル

脱毛サロンのトラブル

脱毛サロンのホームページなどを見ていると、どこもお客さんを獲得するためにメリットばかりが書いてありますが、次のようなケースもゼロではありません。

  • 残念ながら実際に足を運んでみると話が違った。
  • トラブルに巻き込まれてしまった。

また、悪質なクリニックでなくても脱毛の際に肌トラブルを起こしてしまうこともあるので、100%安全とは言い切れないのです。
そんな時にどう対処したら良いのか、いくつかのケースに分けてトラブルの事例と対処法をご説明します。

これから脱毛をしたい人から、すでに脱毛サロンに通っている人まで、万が一の時のために対処法をチェックしておきましょう。

勧誘・料金のトラブル

脱毛サロンでよくあるのが、勧誘や料金に関するトラブルです。
断り方や、気をつけるべきことなどをしっかり抑えておきましょう。

カウンセリングでの勧誘

勧誘のトラブルとは、カウンセリングの際に高額なコースやオプションなどを契約するよう、しつこく勧めるというものです。

カウンセリングでの勧誘

今はSNSや口コミサイトなどでリアルな意見を書き込まれてしまうので強引な勧誘をするサロンはかなり少なくなったようですが、それでも「しつこくてイヤな思いをした」という人は少なからずいるようです。

よくあるパターンとしては、「部分脱毛100円」など格安のキャンペーンで人を集めて、カウンセリングに来た人に他のコースを勧めるというもの。
ビジネスなのである程度は仕方無い部分もありますが、強引に勧めてくるようなら良心的なサロンとはいえません。

そんな時の対処法としては、あいまいな断り方はしないことです。
「やってみたいけど今はお金が・・」などその気があるようなことを言うと、「分割払いもできます」「ローンも組めます」など、相手も食い下がってきます。

はっきりと「他の部位はやりません」と言うか、それができないようなら「他のサロンのカウンセリングも予約しているので、比較して決めます」と言って、帰りましょう。

もしも学生や主婦なら「自分では自由に使えるお金が無いので、家族に相談します」と言うのも良いでしょう。

とにかく、すぐに決断するよう迫られても、納得していないのに契約してしまうのは絶対にNGです。
そして、今どき強引な勧誘をしているようなサロンでは通ってからの対応にも不安があるので、他のサロンを検討することをおすすめします。

脱毛サロンに通い始めてからの勧誘

通い始めてからの勧誘とは、部分脱毛をしている時に「他の部位もやってみませんか?」「今キャンペーンなので、腕や脚もきれいにしましょう」など、追加の契約を勧めてくるなどがあります。
脱毛サロンに通い始めてからの勧誘
これも、サロン側も商売でやっているのである程度は仕方無い部分はありますが、断っているのに何度も勧められると、サロンに行くのがイヤになってしまいますね。

その他には、サロンで販売しているローションなどのケア用品を購入するよう勧めてくることもあります。

「これを使わないと肌が荒れるかも」「脱毛の効果を最大限に出すために」など、強めのセールストークをされると、押し切られて買ってしまう人も多いようです。

契約前と違って、通い始めてからの勧誘はスタッフと顔見知りになっているので強く断りにくいというのもありますが、はっきりと「いりません」と言うのが一番の対処法です。

初めにはっきりと断ったほうが、その後も勧誘されずにすみますよ。

広告・ホームページの料金と実際の料金が違う

これはほとんど詐欺行為なので、大手のクリニックではあまり考えられないことですが、実際に料金に関して騙されたという相談が消費者センターに毎年あるようです。
具体的には、広告やホームページでは「キャンペーンで○円!」「回数無制限!」とうたっているのに、実際に契約する時になったら違う金額や条件を提示されるというものです。

広告・ホームページの料金と実際の料金が違う

実際に「キャンペーンを適用するためには、実はこういう条件がある」と後から付け足したり、「回数無制限はサービスでやっていることで、絶対ではない」と理不尽なことを言われたという被害もあります。

今は口コミでネット上に出回ってしまうので、大手のサロンでこんなことをしていたら大きな騒ぎになっていますから、聞いたことのないような小規模なサロンのほうが注意が必要です。

万が一の時のために、しっかり事前に料金や回数・細かな条件を確認して、解約の際は返金になるのかも聞いておきましょう。

契約してしまったら

勧誘などのトラブルも、契約する前なら振り切って帰ってしまえばいいので、それほど問題ではありません。
それよりも、契約した後に「このサロンは失敗だった」と後悔することのほうが大変です。

契約してしまったら

脱毛は最低でも数ヶ月、人によっては数年がかりで通うものですから、ずっと我慢して通い続けるのは辛いですよね。そんな時に、どうしたらいいかの対処法を詳しくご説明します。

脱毛サロンはクーリング・オフが可能

脱毛サロンの場合、契約したばかりなら必ずクーリング・オフができるので心配ありません。
クーリング・オフの条件は、契約した日を1日目と考えて8日以内であること、そして契約期間が1ヶ月以上、料金が5万円以上であることです。

クーリング・オフが適用されれば全額が返金されるので、解約手数料などを引かれる心配もありません。
しかも、条件に適用していればどんな理由でも解約が可能です。

そもそも解約の理由をサロン側に伝える必要も無いので、「押し切られた自分が悪いから解約しづらい」「理由をしつこく聞かれたらイヤ」などの心配もいりません。

具体的なクーリング・オフの方法としては、ハガキや書面に必要事項を記入してサロンに郵送するだけなので、難しい申請や手続きなどは必要ありません。
記入するのは契約日や脱毛サロンの名前・契約コース・返金口座などです。
詳しくは、国民生活センターのホームページをご覧ください。

郵送する前にしっかりコピーを取って保管することと、発送の記録が残る形で送ることも忘れないでくださいね。

そして、もしもクーリング・オフ期間が過ぎてしまっても中途解約が可能ですから、諦めないでください。
中途解約の場合は解約金が差し引かれてしまいますが、それでも2万円もしくは契約残高の10%ほどです。中途解約したい場合は、通っているサロンに申し出てくださいね。

施術に関するトラブル

ここまで勧誘や料金に関するトラブルについてお話しましたが、脱毛サロンのトラブルはそれだけではありません。
施術が原因に肌トラブルが起こってしまった時はどうすればいいのか、その対処法について解説します。

火傷

脱毛が原因の火傷は思いのほか多く、全国の消費生活センターに寄せられる相談のうち4分の1が火傷や痛み・ヒリヒリなどです。
火傷

脱毛サロンはクリニックに比べて脱毛に使うマシンのパワーが弱いので火傷が起こりにくいというイメージがあるかもしれません。
ですが、実際のデータを見てみると2016年の火傷の相談件数がサロン109件、クリニック70件とサロンのほうが上回っています。

やはり、医療機関であるクリニックよりも、サロンのほうがスタッフの技量に差があることも多いようです。
トラブルを防ぐためにも、しっかりとした研修をおこなっているサロンを選ぶこと、そしてアフターケアなども確認しましょう。

色素沈着

マシンのパワーが強すぎたり、火傷を放置したりすると色素沈着を起こしてしまうことがあります。

色素沈着

症状があらわれてから時間が経ってしまうと、脱毛が原因だと認められにくくなってしまうので、おかしいなと感じたらすぐにサロンに相談しましょう。

また、施術中に強い痛みを感じたら、無理せずすぐに申し出ることも大切です。

かぶれ、肌荒れ

かぶれや肌荒れは、肌が弱い人が脱毛をした時にあらわれやすいトラブルです。

かぶれ、肌荒れ

自分で皮膚科に行くと治療費が自費になってしまいますが、脱毛が原因ならサロンで料金を支払ってくれることが多いのですぐに相談しましょう。

大手のサロンならクリニックと提携しているので、サロン側で予約を取ってもらえます。

硬毛化

硬毛化とは、脱毛したことで余計に毛が太くなってしまう症状です。
硬毛化

これは、原因がはっきりと分からないだけにサロン側の責任とは言えません。

対処方法としては、照射のパワーやマシンを変えて照射を続けると、かなりの確率で改善するようです。
脱毛に通う回数が増えることになるので、その間の料金などの保証があるのかスタッフに確認してみましょう。

脱毛のトラブルを避けるためには

脱毛は、支払いが何十万円単位になる高額な施術だけに、トラブルが起きやすくなります。
まずは、自分自身がしっかり契約の条件を確認してサロン側と行き違いの無いようにすること、そして強引な勧誘ははっきりと断りましょう。

脱毛のトラブルを避けるためには

今はSNSや口コミサイトなどで脱毛サロンに通っている人のリアルな口コミを見ることができるので、契約する前にチェックしておくのも大切なことです。
通っている人の満足度である程度サロンの質が分かるので、不満を感じている人が多い場合は要注意ですよ。

肌トラブルの場合は、必ずしもサロン側のミスが原因とは言い切れないので、自分でも日頃の保湿などのお手入れをしっかりして、それでも万が一火傷などを起こしてしまった時はサロンが治療費を出してくれるのかなども事前に確認しておきましょう。

肌トラブルが気になるようであれば、脱毛サロンではなく医療脱毛を検討するのもよいでしょう。
医療脱毛とエステ脱毛の違い医療脱毛とエステ脱毛はどう違う?脱毛するならどちらがいいの?医療脱毛クリニックの選び方 | 失敗しない10個のポイント

おすすめ脱毛サロン

KIREIMO(キレイモ)

KIREIMO -キレイモ-
キレイモでは、最新の脱毛マシーンを利用しているので、痛みを感じずに脱毛ができます。

もっとも予約が取りやすい脱毛サロンなので、自分の予定に合わせて予約が取れます。

他のサロンからの乗り換え満足度92%!


ミュゼプラチナム

半額
ミュゼプラチナムの脱毛は、ジェルの上から光を当てるので、痛みが少なく肌に優しい脱毛です。

ミュゼは店舗数も多く通いやすく通いやすい脱毛サロンです。

さらに自由に店舗の移動が可能なので、引越しや転勤で住む場所が変わったりしても続けて利用できます。

店舗数・売上6年連続1位!顧客満足度4年連続1位!


SASALA(ササラ)

SASALAでは、ISハイブリッド脱毛を導入しているから1回の施術がたったの60分で完了します。

さらに、今までの全身脱毛では2~3年かかっていたものを最短6ヶ月で完了!

今なら5部位から選べる無料体験脱毛、初月0円キャンペーン実施中!