脱毛するなら早い方がいい?始める年齢は何歳から?

脱毛と年齢

脱毛サロンの客層は20~30代の若い女性がメインになっています。
早い方は10代のうちからムダ毛を気にして脱毛を検討される方、実際に脱毛を始める方も少なくありません。

ですが、体の成長の仕組みを知ると、脱毛は早ければ早いというわけではありません。
ここでは、脱毛を始めるのにふさわしい年齢や、お子さんの脱毛を検討している方を対象に、子どもの脱毛についてご紹介していきます。

脱毛は何歳からできる?

脱毛自体はムダ毛が生えてきたら施術を受けられます。
早いところでは「3歳から脱毛できる」としているサロンもあります。

実際には、年齢に関係なく、施術を受ける際にじっとしていられることが一番の条件のようです。

キッズ脱毛ってどうなの?

最近では、ムダ毛が多いことを気にする子どもを対象にした「キッズ脱毛」を行っているサロンも出てきました。

例えば、エピレでは7歳以上のお子さんを対象に「キッズ脱毛」を受けられます。
初めての利用の場合、ワキ6回で500円というリーズナブルな価格で脱毛初心者でも気軽に始められます。

脱毛が初めてでどの程度の痛みなのか知りたいという方には始めやすいかもしれません。
施術には大人に使用するマシンと同じ機種を使用するため、多少の痛みはありますが、もともと肌に優しくできているので、お子さんに照射しても問題ないようです。

脱毛エステサロン「エピレ」

また、ディオーネのキッズ脱毛は3歳から脱毛できる「子供脱毛」を行っています。
ディオーネオリジナルの「ハイパースキン法」という、子どもでも痛みが気にならないほどの脱毛法を行っているのです。

通常の脱毛は高温で毛根にアプローチをかけますが、ハイパースキン法は体感温度で36~38度程度の特殊な光を当てて毛の種にのみアプローチをかけます。
ゆえに、痛みを感じにくく、照射前に冷たいジェルを塗布しないので、小さいお子さんでもびっくりすることなく、終始リラックスして施術を受けられるようになっています。

【キッズ脱毛Dione】敏感肌専門 脱毛サロン ディオーネ

他にも、銀座カラーでは、学生を対象にサロンで施術を受けたその都度料金を払う制度を設けて、クレジットカードを持っていない学生でも脱毛しやすくしています。
キレイモでは通常価格よりお得に脱毛できる学割プランを用意しており、学生に脱毛を気軽に利用してもらおうとする各社の取り組みが見られます。

脱毛専門店の銀座カラー

このように、若い世代にも脱毛は身近なものになりつつありますが、実際に脱毛を始めるには適した年齢があります。

脱毛に適した年齢について

脱毛は、成長期を終えた10代後半から20歳くらいを目安にスタートすると良いと言われています。
これは、思春期ならびに成長期には、身体そのものの成長だけでなく毛根自体も一緒に成長するからです。

思春期の時にはなかった毛穴が、成長とともに新しい毛穴ができ、そこから新しい毛が生えてきます。
思春期に脱毛をしても、その当時処理できなかった新たなムダ毛が生えてきて、再び脱毛しなおさなければならなくなるのです。

ですから、成長期に脱毛を完了させたものの「数年経ってからまた生えてきた。脱毛の効果がなかった」と落胆するケースもあります。

また、思春期は成長期と比べて肌も体もとても敏感です。
脱毛の施術は大人でも肌に負担がかかりますが思春期の肌にはさらに大きな負担となり、肌荒れや乾燥などの肌トラブルが起こる可能性もあります。

それに、光脱毛は日焼けした肌に施術を行うことができません。
夏場は水泳などの授業で日焼けしてしまう学生が、夏から秋にかけて脱毛を休まざるを得なくなることもあります。

ですので、あまり若いうちから積極的に脱毛を行うのはあまりおすすめしません。
成長期を過ぎた10代後半から20歳くらいで体や肌の状態、生理周期が安定してはじめて脱毛しやすい体になったといえます。

それでも、思春期のお子さんにとってムダ毛の悩みは深刻なもの。
どうしても人と比べてしまい、劣等感に苛まれているお子さんの姿を見るのは親御さんとしてもつらいものがありますよね。

では、もしお子さんが脱毛を真剣に考えている場合、親御さんはどのように対応すればいいでしょうか。

子どもが脱毛したいと相談してきた場合

お子さんがムダ毛のことで悩んでいる様子を見かけた時、親としてできる対処法としては「ムダ毛で悩んでいる子どもの気持ちに寄り添う」ことです。なぜムダ毛に悩んでいるのか、そして、もしお子さんから脱毛したいと申告してきたとき、なぜそう思ったのかをきちんと確認することが大切です。

未就学児のお子さんがムダ毛に悩んでいる場合

幼稚園や保育園に通っているお子さんの場合、脱毛サロンで施術を受けたいというよりは、他の子と比べて自分は毛が濃いと気づき、解決策を見いだせずに悩んでいる可能性があります。

「お友達にからかわれたから」とか、他の子から毛が濃いことを指摘されて気にするお子さんもいるかもしれません。
ですが、こうした理由ですぐにお子さんに脱毛をさせるのはあまりおすすめできません。

はじめから脱毛を提案するより、まずは「毛が濃くて悩む必要はない」と伝えてみましょう。

極論ですが、ムダ毛は誰にでも生えてくるもので、自分一人だけムダ毛が目立っているというわけではありません。
それに、先述したようにキッズ脱毛を実施しているサロンはあるものの、脱毛の効果を実感しやすいのは成長期を終えてからです。

その時は脱毛の効果があっても、思春期を迎えてからまた脱毛をしなければならなくなる可能性もあります。

小学生のお子さんがムダ毛に悩んでいる場合

小学生のお子さんで、特に高学年になると思春期を迎え、周りの友達と比較してムダ毛の濃さを恥ずかしく思う子が増えてくる頃です。
中学生になると思春期真っ盛りで、女性らしさを意識しはじめ、それまで以上に自分のムダ毛に悩む時期に差し掛かります。

小学生の場合でも、未就学児と同様にはじめから脱毛を前提に話をするのはおすすめできません。

なぜなら、小学生になると夏は水泳の授業が始まり、日焼け止めを塗るなどして日焼け対策を行っていても、どうしても日焼けしてしまいます。

先述した通り、日焼けした肌で脱毛はできないため、脱毛できない期間が長引き、脱毛完了までに通常以上に時間がかかるのです。

小学生になると、カミソリや毛抜きなどを安全に使用できるようになります。
アナログ的な方法ですがお金がかからず、年間を通して確実にムダ毛の処理ができる唯一の方法です。

脱毛サロンでの施術以外の方法をまずは提案し、将来的には脱毛サロンでムダ毛を処理する方法があると話してみるといいかもしれません。

親が子どもに脱毛させようか迷っている場合

子どもの悩みをなんとか解決させてあげたいと思うのは、親にとってはごく自然な願いです。

もし親御さんがお子さんに脱毛をさせたい場合、お子さんの意志を尊重することが何よりも最優先です。

脱毛の効果だけでなく、施術方法やリスクをしっかり説明した上で、脱毛サロンに通うかどうかをお子さんとよく話し合うことをおすすめします。

子どもの脱毛の効果、リスクなどすべてを話した上で、お子さんが脱毛を拒否した場合は強制しないことです。
脱毛は確実に効果があり、処理が楽になることは間違いありません。

しかし、子どもでも大人でも、脱毛は自分から「やりたい」と思ったときに始めるのがベストなタイミングです。

毛が濃くて悩んでいても、解決方法はひとつではないことを念頭に置き、お子さんと脱毛について深く話し合うと良いでしょう。

おすすめ脱毛サロン

KIREIMO(キレイモ)

通常
キレイモでは、最新の脱毛マシーンを利用しているので、痛みを感じずに脱毛ができます。

もっとも予約が取りやすい脱毛サロンなので、自分の予定に合わせて予約が取れます。

他のサロンからの乗り換え満足度92%!

ミュゼプラチナム

半額
ミュゼプラチナムの脱毛は、ジェルの上から光を当てるので、痛みが少なく肌に優しい脱毛です。

ミュゼは店舗数も多く通いやすく通いやすい脱毛サロンです。

さらに自由に店舗の移動が可能なので、引越しや転勤で住む場所が変わったりしても続けて利用できます。

店舗数・売上6年連続1位!顧客満足度4年連続1位!

SASALA(ササラ)

SASALAでは、ISハイブリッド脱毛を導入しているから1回の施術がたったの60分で完了します。

さらに、今までの全身脱毛では2~3年かかっていたものを最短6ヶ月で完了!

今なら5部位から選べる無料体験脱毛、初月0円キャンペーン実施中!