脱毛ってどんな方法でできるの?ムダ毛の自己処理と脱毛サロンを徹底比較

自己処理と脱毛サロンを徹底比較

女性にとってムダ毛の悩みは尽きないものです。
自分で処理する場合、どうやって処理すればいいのか、自分に合った処理方法はないのかと、いろいろな方法を試した方も多いのではないでしょうか。

一方で、市場が拡大している脱毛サロンでの施術に興味があるけれど、費用がかさむし、通い続けるのも大変ではないかというイメージがあります。

では、自己処理と脱毛サロンによる施術、どのような方法でムダ毛を処理すればいいのでしょうか。

ここでは、自己処理と脱毛サロンを比較しながら、脱毛の方法について詳しくご紹介していきます。

自己処理にはどんな方法があるの?

自己処理とは文字通り、自分でムダ毛を処理することです。
一番手軽で簡単にできるのがカミソリによるシェービングかもしれません。

しかし、シェービングは肌の表面に生えている毛をカットするだけの簡単な処理方法ですから、すぐに新しい毛が生えてきてしまい、頻繁に処理しなければいけません。

また、カミソリを直接肌にあてていく方法で、肌の表面には無数の傷ができてしまいます。
ゆえに、カミソリによるシェービングを長期間にわたって続けるのは肌を傷め続けることになり、あまりおすすめできません。

では、シェービング以外に自己処理する時間と手間を少しでも省けるような処理方法としてどのようなものがあるでしょうか。

脱毛

脱毛は、文字通り毛根から毛を抜く方法です。
自宅でできる脱毛にはさまざまなタイプがあります。

脱毛テープ

脱毛したい箇所に専用のテープをしっかりと貼り、毛と粘着部分が絡みついたところで一気に剥がします。
これは脱毛できることは間違いありませんが、剥がすときにかなりの痛みがあります。

最近では、さまざまな脱毛の方法を選べるようになったので、強い痛みを伴う脱毛テープを利用する人はあまり多くないかもしれません。

ブラジリアンワックス

ここ数年で日本でも普及してきたブラジリアンワックス。
アンダーヘアの脱毛に使用するものとして知られていますが、アンダーヘア以外の箇所でも使用できます。

これも脱毛専用のワックスを肌に塗布し、シートを貼って剥がす方法です。
毛根から毛を処理できるので、処理後2~3週間程度すると再び毛が生えてきます。

脱毛器

家電メーカーや美容機器メーカーからさまざまなタイプの脱毛器が販売されています。
自宅でできる光脱毛として利用する人が増えていますね。

値段は高額ですが、分割払いでも購入できるようです。
自宅でできる脱毛方法としては、最も高い効果を得られます。

ただし、自宅で脱毛器を使用する場合、使用方法を誤ってしまうと肌に大きな負担がかかってしまうことと、保湿ケアも丁寧に行わなければならないことがデメリットです。

そして自己処理の中でも最も高額な脱毛方法であり、利用回数が多いと専用カートリッジを追加で購入する必要があります。

除毛

除毛は、毛根から毛を抜く脱毛とは違い、すでに生えているムダ毛を溶かし、スルスルと落としていく方法です。

除毛クリーム

専用のクリームを塗布してムダ毛をとかす方法なので、痛みはほぼありません。
ドラッグストアなどで気軽に購入できるので、試したことのある方も多いのではないでしょうか。

除毛したい箇所に専用のクリームを塗り、一定時間経過後に洗い流すだけの手軽さが大きなメリットです。

ただし、独特のニオイや洗い流すときもクリームのヌルヌルとした感触が完全に落ちきるまでしっかりと洗い落とさなければならず、処理が完了するまでに時間を要しましす。

また、除毛はすぐにムダ毛が生えてくるため、頻繁に使用して消費量が増え、予想以上にお金がかかってしまったことから、シーズンの途中で辞めてしまったこともあります。

除毛器

家庭用脱毛器の半額以下の値段で購入できる除毛器。
その手軽さからあえて除毛器を選ぶ方もいらっしゃいます。

処理方法は、すでに生えているムダ毛に熱を加え、毛先を丸くカットするもの。
口コミを調べてみると、処理の際の痛みがほとんどないことから、脱毛の際の痛みが苦手な方に選ばれているようです。

機械による除毛なので、除毛クリームよりも効果はありますが、「すぐに生えてきた」という口コミも散見されました。

あくまでも「除毛器」ですから、脱毛器と同様の効果は期待できないかもしれません。

抑毛

抑毛は、ムダ毛を細くして目立たなくしたり、生えにくくしたりする処理方法です。
自宅でできる自己処理の中でも最も肌に優しい方法といえます。
主にローションと石けんによる2種類があります。

抑毛ローション

処理するときの痛みがなく、保湿成分入りのローション。
お風呂上がりのスキンケアとして利用する方もいるようです。

スキンケアしながら抑毛もできるなら一石二鳥ですね。

ただし、脱毛や除毛のような即効性はなく、何ヶ月間も使い続けなければいけません。
口コミでも「効果を実感できなかった」というものが多く、確実に自己処理をしたい方には不向きかもしれません。

抑毛石けん

専用の石けんを使って体を洗いながらムダ毛が生えてくるのを抑えます。
こちらも体を洗いながらムダ毛にアプローチをかけていくので、自己処理にかかる時間はほぼありません。

しかし、抑毛ローション同様に効果は薄く、ムダ毛を完全になくせるわけではありません。

また、石けんだからといってゴシゴシ洗っていたら肌荒れを起こしてしまったという方もいて、敏感肌の方は使用にあたって注意が必要です。

エステ脱毛なら効果は確実

このように、自己処理は効果がはっきりと実感できなかったり、スキンケア方法を誤ると肌への負担も大きくなったりますが、脱毛サロンなら確実に効果があり、保湿ケアも万全で安心して処理してもらうことができます。

脱毛サロンでの施術方法

脱毛サロンでは、機械を使用した光脱毛を行います。
ベッドに横たわり、施術する箇所に専用のジェルを塗布し、肌に脱毛器をあてていきます。

毛根を刺激していくので、光が照射されるとピリッとした痛みを感じる部位もありますが、耐えられないほどの激しい痛みではありません。

施術後はしっかりと保湿して、機械で刺激を受けた肌を丁寧にケアしていきます。
脱毛サロンで研修を受けたプロのスタッフによる施術を受けられるので、セルフケアよりも安心ですね。

脱毛サロンのデメリット

脱毛サロンでの施術は確実に効果がありますが、次のようなデメリットもあります。

自己処理よりコスパが悪い

やはり自己処理の方が、費用が割安です。
脱毛サロンの場合、自己処理が不要になるくらいすべすべの肌になるまでに20~30万円の費用がかかります。
カミソリなら数百円、家庭で使用できる脱毛器でも10万円未満で購入できることを考えると、脱毛サロンは気軽に利用できるものではないかもしれません。

施術を受けられないときがある

妊娠中や授乳中、生理時には施術を受けることはできません。
そのため、脱毛の施術を受ける日を決めるには生理時を避けて予定を立てなければなりません。

また、脱毛器が肌の黒い部分に反応するため、日焼けした肌の施術もできないのです。
脱毛の前日と当日はアルコールの摂取は禁止、脱毛当日は湯船につからずシャワーのみと、施術を受けている間は何かと制限されることが多いいところも脱毛サロンのデメリットと言えます。

自己処理よりも脱毛サロンがおすすめ

ここまで、自己処理と脱毛サロンを比較してみましたが、本当に脱毛の効果を実感したい方はやはり脱毛サロンでの施術がおすすめです。
たしかに、費用は決して安くはありません。

それでも一生涯かけて終わることのない自己処理を続けるよりは、多少のお金を払っても自己処理が不要になるくらいまでスベスベの肌を手に入れた方が、最終的に時間とお金の節約になります。

ここ数年、脱毛サロンは利用者の増加に伴い、店舗の数も格段に増えていきました。
お金の心配がある方でも、サロンによっては分割払いや都度払いなどの支払い方法を選べるところもあるので、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめ脱毛サロン

KIREIMO(キレイモ)

通常
キレイモでは、最新の脱毛マシーンを利用しているので、痛みを感じずに脱毛ができます。

もっとも予約が取りやすい脱毛サロンなので、自分の予定に合わせて予約が取れます。

他のサロンからの乗り換え満足度92%!

ミュゼプラチナム

半額
ミュゼプラチナムの脱毛は、ジェルの上から光を当てるので、痛みが少なく肌に優しい脱毛です。

ミュゼは店舗数も多く通いやすく通いやすい脱毛サロンです。

さらに自由に店舗の移動が可能なので、引越しや転勤で住む場所が変わったりしても続けて利用できます。

店舗数・売上6年連続1位!顧客満足度4年連続1位!

SASALA(ササラ)

SASALAでは、ISハイブリッド脱毛を導入しているから1回の施術がたったの60分で完了します。

さらに、今までの全身脱毛では2~3年かかっていたものを最短6ヶ月で完了!

今なら5部位から選べる無料体験脱毛、初月0円キャンペーン実施中!